介護の仕事をしていると
人間としてのあり方が分かってくる事が
ものすごく多いです。
生き方。
人生。
こだわり。
考え方。
優しさ。
愛情。
人と人。
自分はアセスメントを
ものすごく大切にしています。
実は接する人によって
アセスメントも違ってくると思います。

あの人は頑固だ。
わがままだ。

と言うのは簡単だけれども。

接するひとによって違ってくる場合も
多々あります。

割りと色んな角度からヒトを見ていくと
面白いことがあります。
コノヒトにはこのような態度。
コノヒトにはこのような態度。
この場面には物凄く喜び
この場面には物凄く怒る。

たった一枚のアセスメントシートに
ヒトサマの人生の何がわかるというのだ。
だからというわけでもないですが
私たちは多方面からのアプローチが
必要だったりする。
ただ、介護職員の中には
自分の目だけで見て判断し
共有も偏り。
介護拒否などあった場合に
自分を責める。

自分を責めるならまだいい。

相手を責める。

↑このことにチームワークだということが
生かされないことが多くある。
チームワークなのだと
常に思う。

男性が男性の職員に対し
物凄くうまくいかないケースもあるけど。

ご利用者様は男性に対して何かしらの
ココロの傷といいますか
こだわりといいますか
ヤキモチといいますか
色んな事があると思います。

またその逆も然りです。

別に対応が上手い人
うまくないヒトいると思うけど。

対応がうまいと言うのは
いいことだけれど
対応が上手いとしたら
それを共有するだけでいいということ。

対応がうまく行かなければ
それを共有すればいいだけのこと。

ただただチームワークってそんなことだったりするんだけどなあ。^^;
「アイツは仕事が出来ないとか」
まあ、気持ちも分からなくもないけれども

女の脳と男の脳は
明らかに違う。

ヤキモチなんか焼いていないで
フォローしてあげたらどうですか???
認めてあげたらどうですか???
女性職員に出来ないことを男性職員がさらさらやってのけることもありますし。
またその逆もありますし。
自分たちはチームで仕事をしているんだという
自覚がないのではないのかなあと思います。

「人間としてのあり方」を
ただただ共有していくだけの
チームワーク。

何がそんなに難しい事があるんでしょうか。

 

 

「楽しすぎるホームを創りつづける」より引用です。

 
ではでは。^^

 

おはようございます。現場第一介護の仕事を始めて5年目。ヽ(・∀・)ノ

今年何とかギリギリ介護福祉士を取得いたしました。管理人のjyobaniと申します。ヽ(・∀・)ノ

まあ。中堅ですね。wヽ(・∀・)ノどうぞよろしくお願い致します。w

 

後輩からの相談です。w

社内の人間関係についてですが。w

 

 

「申し送りが抜けているから状況がつかめない」

まあ。介護の仕事はぶっちゃけチームケアなので。

「申し送り」は重要なんですけれども。

 

 

「言った」「言わない」と必ずなりますので

連絡ノートなり申し送りノートなり活用するのが鉄則です。

 

 

とある施設にヘルプに行きました。

人員が安定せず。

 

入れ替わり立ち替わり現在に至るそうで。w

連絡ノートの最後の日付が三ヶ月前wとか。

 

 

離職率の多い施設は特徴があります。w

方ぼうヘルプ、異動になったため

誰よりも施設のパワーバランスについて考えさせられることしばしあり。w

 

 

古株がほぼ実権を握っています。

 

介護の施設は毎年増加傾向にありますが。

開設当初からいる古株の職員は

井の中の蛙になってしまっていて

大抵自分がいちばん正しいと思っていますので

 

自分に合わせるような指示をしてきます。w

 

 

持ち前の勘の良さも手伝ってくれ。

施設に入った瞬間にここの施設はどんな施設なのか

瞬時に判断ができます。ρ(・ω・、)ヤレヤレw

 

 

掃除が行き届いていない。

整理整頓ができていない。

ご利用者様の表情が乏しい。

 

覇気がない。

スタッフも覇気がない。

 

もう、wぐだぐだの施設ですw。

 

 

で、相談のハナシに戻りますが。

 

後輩A「あの、ワタシ何をやっていいのかわかんないんですよ」

自分「は?」

 

 

後輩A「教えてくれる先輩が皆それぞれ言うこと違うんですよ。でもって言ったでしょとかっつんで聴いてないよと思う事がしばしあり、聴きたいなーとか思ってももういないんですよ。どっかに言っちゃっててw」

 

自分「あーー。あるね。介護あるある。w。

あと喋ってるとか。で割り込むと悪いとか。w」

 

後輩A「そうなんですよ。」(´・ω・`)ショボーン

自分「申し送りノートに自分が聴きたいことをまとめて指示を仰ぐってどう?」

「そうしたら統一性が無いのが一目瞭然だよね。あーー新しく入社してきたヒトってこんなことで悩むんだ。  自分も新人の頃もそうだったっけなーーーとか思い出したり。書いてあるんだから上司にコレで!という指示が出たらその通りやってみて不具合が出たらまた相談してみる感じかなあ。」

後輩A「そっか!そういう使い方すればいんですね」

 

自分「んだんだ。申し送りなり連絡ノートに書いてあることは結構重要だったりするし。利用者さんに関わる大事な事だったりするじゃん。書いてあれば立派な証拠になるから是非是非書いて言ったほうがいいよ。

 

後輩A「そうなんですね。ありがとうございます!やってみます!」

 

 

 

とのことで。

介護の職場の人間関係はものすごく大事なんですが。

 

先輩が間違った情報をそのままやってたりすることが

多々ありますんで。この先輩がこういったこの先輩がこういった

どうしよう~~~~ってなってたら間違いなくチームケアの構築が出来ていないということにな

ります。

 

 

そこを改善していかなければベストなケアをしていくことが出来ません。

残念ですがw

 

 

 

 

チームケアが何より重要です。

 

 

 

 

では今日も1日張り切って参りましょう。素晴らしく楽しい一日になりますように♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんばんはjyobaniです。

介護の仕事をして三年未満の方で来年の

介護福祉士を受験される方は早めに動いたほうがいいですね。

 

 

転職された方などいらっしゃると思いますが

勤めた会社から在職証明書は必ず発行して貰ったほうがいいです。

 

タイミングですが退職した直後に頂くのがベストだと思います。

 

理由はいくつかありますが。

退職する理由が円満だろうと無かろうと

会社側が在職証明を発行してくれないとなるとエライこっちゃになりますw

 

 

まあ、激務で疲れが溜まりきってるだの。

疲れると人間誰しも穏やかではいられないと思うんですね。w

 

特にオナゴw.

 

まあ、オトナなんで普通に退職するぶんには何の差支えもないんですけれども。

 

 

そうとばかりは限りませんよね。

だったら退職のタイミングで抑えておくところは抑えて置いたほうが賢明です。

 

 

後になって会社が無くなったとかもあることあるし。

 

 

ま。そうそうないですけど。w

 

 

 

でも、介護の業界って結構ヒトの出入りは

激しいですし。

 

 

ちゃんとしていている会社ばかりではないというのが現状ですんで。

在職証明は退職時に貰っておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

おはようございます。管理人のjyobaniです^^

介護の仕事につく男性って

美味しいな~と思う時があります。

 

 

介護職は結構激務な割には給料が安くて

家族を養えないと言う方が多くいます。

 

介護職員として働いてきて

見ているとやはり男性は美味しいとしか

思えません。

 

 

最初は給料が安いんですけど

なんせ利用者様目線で考えて行く企業が多いため

 

 

利用者さんに愛される仕事をしてれば

さっさか出世できちゃいます。^^

 

 

口コミもそうですが利用者様はご高齢の女性が多いんですね。

まあ、女性の方が長生きしてますんで現状。

 

女性のご高齢の方って、母性本能が働くようで

男性には割りかし優しく接してくださいます。

 

 

よほど、無茶苦茶な性格wとかで無ければ

男性の方が介助に対してもうまく行く確率が高い。w

 

 

例えば自立ですが。

介護では自立支援をしていきますが

介護=ご利用者様の世話ではないんですね。

 

 

ご利用者様が出来ない部分を補うというのが

自立支援にもつながっていきます。

 

 

介護職員で入浴の介助、食事の介助

生活の介助と本当はご利用者様ができることも

職員がやってしまっているケースが多いんですね。

 

 

↑ワタシも最初は仕事を教えてくれた先輩が

こんな感じで、いつもバタバタ洗濯、掃除、食器洗い

入浴などやっていてそれが仕事なんだと思い込んで

 

 

家事=業務になってしまっていて

家事=ができると仕事ができる。

 

 

なぜ生まれたこの勘違いwだったんですけど。

 

 

上司に指摘され、

「もっと利用者さんが出来ることを提供して欲しい」

 

となりまして。

 

 

「は?」となりましたが

 

 

 

実はそれが介護の本質なんですね。

利用者さんができる仕事を職員が盗ってる訳です。

 

 

で、職員がバタバタしている間に

ご利用者様はぼっさーーーーとしているわけですよ。

 

 

自立の支援にすらなっていないんですね。

 

で、男性職員が美味しいというのが

まあ、母性本能をくすぐることができるので

 

男性に家事をやらせるなんて

とおばあちゃんたちはそんな感じで生活してきているのが

あたりまえなんですね。

 

 

洗濯ひとつ干すにしても

 

まあ、独身のだらしのない男性あたりだと。

 

利用者さんの方が

「手伝ってあげようかな」と思うわけで。

 

↑自立支援になってますよね。

 

 

 

だから何でもこなせる

そつなくできる女性というより

男性の方がまず。

 

 

楽ちんw

 

 

しかもおばあちゃん達は喜んで手伝ってくれる。w

だって毎日毎日ヒマだからw

 

 

ぶっちゃけ背が届かないとこを手伝ってくれるとか。

重いもの持ってくれるとかそんな程度の繰り返しで

 

 

出世できるわけです。

 

 

つまり出来ない男が出世できるわけですよ。

 

 

美味しくないですか?

ワタシは男性職員として働きたいです。w

 

 

ネバーまとめみたいな感じで

haruまとめですが。w

 

 

 

1・母性本能をくすぐる

2・手伝ってもらって楽チンしながら自立の援助になってるので評価される

3・できない男が実は出世ができる

 

 

 

 

何とも不思議な世界なんです。

 

 

では今日も張り切って参りましょう。w

 

 

 

 

 

 

 

管理人のjyobaniと申します。

このブログはたくさんの方からご協力頂き

お陰様で2015年8月27日にブログを開始できることになりました。

 

 

ご協力頂いた方に愛と感謝を込めて。

このブログを「楽しんで」更新し続けて行きたいと思います。♪

 

どうぞよろしくお願い致します。^^

「介護を楽しく事務局」は「安全性」と「礼儀正しさ」「謙虚な心」をもち迫り来る超高齢化社会に備え、最小の単位である家族、介護、地域との関わりを本気で改善していくサイトです。安心して自分の家族を見守ってくれる「寄り添える」介護を根底としています。

サイト名:介護を楽しく事務局

サイトURL:http://kaigowotanosiku.com/

運営元:personal spase

運営責任者:金 大埴(キム ダイショク)

発行責任者:じょばんに

所在地:〒354-0025
     埼玉県富士見市関沢1-5-16 パークフィールドパートⅢ 308

メールアドレス:personalsp1@yahoo.co.jp