おはようございます^^
じょばんにです。

介護の仕事はご利用者様とご利用者様のご家族などストレスを抱える事の多い仕事です。

対人援助職の4人1人は鬱になってしまう人がいる位、体力的にも精神的にもストレスを溜め込みやすいということがわかります。
実は私も例にもれず介護の仕事をしてから鬱を経験しています。

せめてストレスの多い仕事だからこそ職員同士のチームケアを大切にして良い介護をしていきたいと思うものです。

そのためにも自分の苦手なタイプの人とうまく付き合う方法と言う訳では無いですが良い仕事をするために付き合っていく方法について研修で勉強したことがあります。

【出典 苦手な人との付き合いが楽になる本対人関係療法専門クリニック水島裕子院長】

・「苦手は苦手で良い」と割りきろう。

自分が現在あの人が苦手だと感じている人は何らかの事情によってコントロールできない感情持っているので苦手と感じるのですそれは否定のしようのない現実であり自分が何かに対して苦手意識を持っていると言う事実はコントロールすることができません。

苦手な人のことを好きになろう嫌な人とも上手くやろうと努力しても不毛に終わったと言う人は多いのではないでしょうか。

私も仕事中に女を出したりおしゃべりばかりをしていたり自分のことしか考えてなかったり人の事を利用したりするまたは自分の考えを押し付けてくる職員とうまくやれずに悩んだことも多々あります。

悩んでもぐるぐるぐるぐる同じところを回っていて打破できない問題がつきまといます。それは苦手な人とどう付き合っていくかと言うことも考えていかなければならなくなります。

苦手だからといって会社をその都度止めていたら会社も足りなくなります。

そこでこの本に書かれていた事は苦手意識を持っている自分についてコントロールできない感情を減らすためには苦手は苦手で良いと認めることが必要だと言うのです。

苦手な人の数は減らしたほうがもちろんいいでしょうし、
上手な人がいたとしても楽に付き合えるようになればその重さはずっと変わってくるはずです。

まず現在苦手意識を持っていると自分がこれで良いのだと認める事から始めてみましょう苦手意識を持っている自分についてのコントロールできない感じを手放して行きます

苦手は苦手で良いと言うことで価値観の話ではなく現実を受け入れるということです

現実を否定しても勝ち目はありませんし当たり前のことですが現実は現実です
実際に前進するためにはいつまでも同じところでつまずいている場合ではありません

苦手は苦手で良いと割り切る事は大きなプラスがあります今は自分の心の傷を刺激するタイプの人を見ないようにすると言う選択ができるからです

心の傷は大きな衝撃を受けることによって生まれますから強いコントロールできない感じに襲われてしまいます自分にはどうすることもできない自分にはここから抜け出すことができない自分のことをわかってくれたり助けてくれたりする人など誰もいないと言うふうに強い無力感や絶望感孤独感を抱いてしまいます。

衝撃の程度がひどいと生きていくことなどできない誰のことも信用できないと言う感じ方になりますそんな心の傷から回復するためには心の傷そのものを癒すと言うよりもコントロールできない感じから抜け出すことが必要となるそうです。

心の傷そのものではなく人生全般に何とかなるだろうと言う感覚がつかめてくると心の傷は軽くなってきて思い出すと辛いけれども何とかなると言う程度になってきます。

そしてかつて傷つけられたことも以前ほど重要ではなくなってきます

自信がついてくるとあまり引きずらなくなる自信がついてくると自分の欠点があまり気にならなくなってくると言うことです

例えば相手の成功を素直に喜んであげられないと言うだめな自分を責めてしまうとコントロールできない感じがさらに強まってしまいます。
そもそも素直に喜んであげられないのは自分の心の傷を考えれば当然のことでありできないことをやろうとしてもコントロールできない感じにしか繋がらないのです。

まぁ何とかなるだろうと言う感覚は今の自分を肯定することからしか始まりません

今の自分にはまだこの人を直視するのは早すぎるのだと思うのであれば見ないようにすると言う選択を選んで良いのです

そのためには苦手では苦手で良いと言う認識が必要です今の自分にとってはと言う条件付きですが自分で苦手と認めて積極的に見ないと言う選択肢を選ぶと言うこともできるのです。

これは逃げでも弱い証拠でもなくありのままを認めた上でその自分に時期に合った適切なケアをしていると考えると良いでしょう。

【出典 苦手な人との付き合いが楽になる本対人関係療法専門クリニック水島裕子院長】

それでは今日も楽しく豊かに過ごせる一日になりますように♪
愛と感謝を込めて。

【じょばんに】

【3月18日】おはようございます♪
じょばんにです。今日も安全に楽しみながら過ごして参りましょう♪

【お手玉リレー】

【今日は何の日?3月18日】

・精霊の日

万葉集を代表する歌人の柿本人麻呂、女流歌人の和泉式部と小野小町、この3人の忌日が3月18日であると伝えられていることから記念日となっています。精霊は「しょうりょう」と読み、死者の霊魂をさしています。

・明治村開村記念日

1965(昭和40)年、愛知県犬山市に博物館明治村が開村しました。
博物館明治村は明治の建築物を保存展示する野外博物館です。

【3/18主な出来事】

1850年 アメリカン・エキスプレス社、創業
1931年 初の国産飛行機が中島飛行機工場で完成
1944年 ナチス・ドイツがハンガリーを占領
1946年 警視庁、初の婦人警官を採用
1964年 早川電機とソニーが初の電卓を発表、50万円
1965年 愛知県犬山市に博物館明治村が開村
1965年 人類初の宇宙遊泳、ソ連ウォスホート2号
1970年 カンボジアのシアヌーク皇太子がクーデターにより亡命
1984年 グリコ・森永事件
1988年 東京ドーム開業
1989年 クフ王のピラミッドで4400年前のミイラ発見
1989年 伊藤みどりがフィギュアスケート世界選手権で日本人初優勝
2000年 淡路花博(ジャパンフローラ2000)開幕
2007年 PASMO運用開始

今日は何の日NEVERまとめより

【明日の準備・明日は何の日?3月19日】

・アカデミー賞設立記念日
1927(昭和2)年のこの日、アメリカで映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が設立されました。
第1回アカデミー賞は1927年8月1日から1928年7月31日までの1年間に航海された作品が対象とされ、ウィリアム・A・ウエルマン監督の「つばさ」が作品賞を受賞しました。

・ミュージックの日
音楽関係者の労働団体・日本音楽家ユニオンが1991(平成3)年に制定。
「ミュー(3)ジック(19)」の語呂合せ。
日本の音楽文化と音楽家の現状について広く理解を求め、その改善の為の支持を得ようと、全国各地でさまざまな活動が行われます。

・カメラ撮影の日
1839年、フランスのルイ・マンデ・ダゲールが写真機を発明しました。
この写真機は「ダケレオタイプ」と呼ばれ、長時間露光させるため写真機の前で長い間じっとしていなければなりませんでしたが、大変な人気を集めました。

【3月19日主な出来事】
1644年 大明帝国滅亡
1839年 世界初の実用的カメラ「ダゲレオタイプ」発表
1914年 辰野金吾設計の東京駅新築落成
1915年 冥王星の撮影に成功
1927年 米・アカデミー賞設立
1949年 東京定期観光「はとバス」運行開始
1956年 旭通信社(現・ADK)設立
1956年 日本住宅公団が募集開始
1962年 アルジェリア独立戦争停戦
1972年 インドとバングラデシュ、友好条約に調印
1973年 小松左京『日本沈没』発刊
1990年 日本初の月周回衛星「はごろも」の分離とスイングバイに成功
1997年 ナゴヤドーム開業
1998年 大蔵官僚汚職事件のノーパンしゃぶしゃぶ店摘発
2002年 米・アフガニスタンに侵攻
2008年 アーサー・C・クラーク(SF作家)、没(享年91歳)

【介護ストレス:人間関係】

対人援助職である介護士にとって苦手なご利用者様または苦手なスタッフなど仕事でどうしても自分の苦手な人と付き合わなくてはいけない場面も出てくるかと思います。
かつての私もものすごくストレスを溜めやすく人間関係のストレスによって心身を崩壊したこともたくさんあります。(; ̄O ̄)

そこで苦手な人との接し方について学んでいきたいと思います。
そもそも苦手な人と接すると緊張したりイライラしたりするというストレスを抱えることをがあります。
ストレスになるだけなら良いですが苦手な人がいる場所には行きたくないと感じた事はありますよね。

あるいは苦手な行動を見るのが嫌で人付き合い全体を避けたくなることもあります。
苦手と言う気持ちはそれ自体がストレスになるだけではなく私たちを不自由にさせてしまいます。

苦手な人が1人いると言う事はそれだけの現象であるはずなのが、その人がいる場所全体を苦手にしてしまう位大きな力を持ってしまうことがあります。〣( ºΔº )〣

例えばみんなで飲みに行こうと言う話になったときその苦手な人が行くのかどうか聞いてから考えようかなと思うこともありますよね。
こういう時は飲みに行くかどうかを決めると言うことを苦手な人の存在によって制限されているといえます。

苦手な人がいるために本来やりたかったことができなくなる場合もあります。
たった1人の苦手な人の存在によってそれ以外のも面では問題のなかった職場を辞めざるをえなかったなどと言うこともあります。
苦手な人が自分からどのぐらい近い距離なのかどのぐらい逃れられない関係かと言うことも重要です。

苦手とするタイプの人が自分の上司になったなどと言う場合には本当に困ってしまいますよね。
そんな時人生そのものが苦手とでも言いたくなってしまいますよね。

人類で最も苦手な相手が自分の親などと言う人もいます。

では苦手意識はどうして生まれるのでしょうか?
あの人は苦手あの人のこんなところが苦手なと私たちはいろんな形で他人に対する苦手意識を持ちます。

苦手と言う気持ちはいつも「嫌みを言われる」「仕事を押し付けられてばかり」と言った
伴うものから「テンションが高くて苦手」「ファッションセンスが違う」と言う程度のもの何となく苦手

理屈ではなく苦手と理由が明確でないものまで実に多様です

酔っ払いを例にとって考えてみましょう。
酔っ払いはどこが苦手なのでしょうか?

しつこい。

相手に迷惑をかけているということがわかっていない。

酒臭い。
距離感が近すぎる。
こっちが迷惑そうにしていても気にしてくれない。

変な言いがかりをつけてくる。
話の筋が通らない。

こちらの話も理解してくれない。
すぐに決めつける。

理性的なやりとりができない。

言動がどこまでエスカレートするのかもわからない。
いつ切れるかもわからない。

ここに相手の苦手の要素がぎっしりと詰まっています。
それはコントロールできない感じがあるからです。

相手のしつこさをコントロールできない。
お酒臭さはどうしても臭ってきてしまうのでコントロールできない。

相手との距離間もコントロールできない。
迷惑そうな様子を見せても言動と行動をコントロールすることができない。
コミニケーションを常識や理性に基づいてコントロールすることもできない。

こちらがいくら噛み砕いて話しても相手に理解してもらえない。
つまり相手の理解をコントロールすることができない。
このコントロールできない感じが「苦手」と言う意識につながります。

「対人関係療法」の精神科医が教える
出典 苦手な人との付き合いがラクになる方法  対人関係療法専門クリニック水島弘子院長

それでは今日も楽しく豊かに過ごせる一日になりますように♪
愛と感謝を込めて。

【じょばんに】

すぐ頼ってくるのが嫌依存心が強すぎる人

これどうしたらいいですかなど自分の頭で考えずすぐにこちらに聞いてくる後輩が苦手で一緒に仕事をしたくない

依存心の強い相手を苦手だと感じる人も多いようですそしてここでも本質は相手からの領域の侵害をコントロールできないと言うところにあります

あなたってと言うタイプの決めつけとは違いますので領域の侵害と言われてもピンとこないかもしれませんがやはり同じことです自分の頭で考えずにすぐに聞いてくる後輩と言うのは本来自分で考えるべき事を人に押し付けていると言えるからですもちろん後輩を助けてあげることそのものには何の問題もありませんし後輩の代わりに何かを考えてあげても良いのです

でもそれは後輩が決めることではなくこちらが自分の領域の中で決めること
これをどうしたらいいですかとすぐに聞いてくる後輩は助けるか助けない日後輩の代わりに考えてあげるか考えてあげないか5助け舟を出すかと言う選択の余地をここちらの領域から奪っていると言えるでしょう依存されると重苦しく感じるのはそこに身動きが取れない束縛感があるからですやはり領域は侵害されているのです

ここに連れて行って、私どうしたらいい等の依存心の強い友人がうざい

ここまでくるとその束縛感押し付け感はかなりわかりやすくなりますねこんな態度ばかり取られると自分で行けば自分で考えたら等と言いたくなるものですがこのケースでも本来は自分でやったり考えたりすべきことを人に押し付けていることがわかるでしょう

はなぜ依存されると嫌な気持ちになるのか

もちろんどこか連れて行ってもらうことを人に頼んだり相手の意見を求めたりすることそのものに問題があるわけではありません

ただ自分の領域に責任を持ち相手の領域を尊重している人は連れて行って欲しいと言うのは自分の希望であることそれをどうするかと言うのは相手が決めていいことを知っていますですから連れてってくれるとありがたいついでの時に一緒に連れて行ってよかったら意見を聞かせてほしいんだけどなどと言う言い方をするこーゆー言い方をされれば断ることも含めてこちらには選択肢が広がります

何かを頼んでくるからといって依存できたと言うわけではなく領域をわきまえてないことが依存心の本質だと言えるでしょう

依存心の強い人は確かに困った人ではありますが苦手と言うことになるとやはりそこにコントロールできない感じがあるはずです

依存的な人の全てに苦手意識を持つわけではなくその依存心がコントロールできないと思うことで苦手と感じるからです

そういえばそんなの自分で考えなさい頭を使えばいいでしょういちにち考えてわからなかったらまた相談してなどと軽くあしらうことができる関係性であれば苦手意識を持たずに済むはずです

依存的な人に対して抱く苦手意識の本質は依存されてうんざりと感じつつも有効な手を打って事態を打開できないと言うコントロールできない感じにあると言えるのです。

「対人関係療法」の精神科医が教える
出典 苦手な人との付き合いがラクになる方法  対人関係療法専門クリニック水島弘子院長

苦手意識はコントロールできない感じから生まれると言うのは
酔っ払いの場合だけでなくあらゆる苦手なパターンに共通します

まだまだ苦手なパターンがあるのですが
よくよく見ているといずれもその本質はコントロールできない感じにあることがわかります

それぞれの苦手なタイプについてコントロールできない部分も見ていきましょう

1・領域を侵害してくる人決め付けてくるのがむかつく

あなたってこういうの嫌いでしょうなど決めつけてくる人が嫌
このようにあなたって何何よねなどと相手から自分のことを決め付けられると不快に思うことがありますよね。
ではなぜ不快なのでしょうか?

それが領域の問題と関係しています
私たちにはそれぞれ自分にしかわからない領域があります

自分がもって生まれたもの育てられた環境、周りにいる人たち、
ここまでに経験した出来事、最近のストレス、今日の気分、など自分にしかわからない領域の中で私たちは日々を生きています

何かを好きか嫌いかと言うこともその領域の中にあるものです
ですから自分にしかわからない領域の中のことを
他人に勝手に決めつけられると言うのは自分の領域を侵害されることだともいえます

「あなたって何何よね。」
と、決めつけに対するそれは私が決めることでしょう
と言う感覚は何領域を侵害されたときに感じる出て行ってくれという気持ちになるのです

2・決めつけに潜む2つの暴力

こうした抵抗感だけではなく自分の領域にまで入り込んで
何かを言われてというのはに傷つく体験になります

自分の領域にはデリケートな要素もたくさんあるからです

の領域をお互いに尊重しあいながら
良い交流をするのが大人の関係であるにもかかわらず
相手の領域への敬意もなくズカズカ踏み込んで何かを決めつける
と言うのはかなりデリカシーを欠いた暴力的な行為です

決めつけと言う領域の侵害には勝てに踏み込むと言う形による暴力、
傷つけると言う内容による暴力の両方があるといえます

3・俺が我慢してるんだからお前も我慢しろなど我慢を強要する彼氏にうんざり

おれも領域の侵害です何をどこまで我慢するかと言うのはもっぱら俺ではなくお前の領域の話それに対してお前も我慢しろと言ってくるのは明らかに領域と言う概念のない人つまり自分と他人の間に境界線が引けない人と言えるでしょう

特にこの場合俺が我慢しているんだからと言う理由がつく時点で自分の領域すら自覚してないことがわかります

俺の我慢は誰かが命令しているわけではなくその人の意思でやっていることを我慢するかどうかは自分の領域で判断すれば良いことですそのことと他人に我慢を強要するか他人の領域に立ち入るかは別のことなのです

一般に他人の領域を尊重することができない人は自分の領域にも責任を持っていないことが多いものです本当は自分の中で自分の意思でやっていることなのにやらされていると感じたりするのです

以前こんなことがありました正社員は人の3倍動くと自分勝手なルールを私に押し付けてきた人がいますもちろんなんだその自分勝手なルールと言うふうになり一向に聞く気にもなれず3倍動く気にもなれずただただ苦手なままで終わってしまった人がいます

そして自分の領域の中の事は自分で伝えなければ相手が知ることはできないのにわかるでしょうとかさぁしなさいよとか自分の心を読んでくれない相手を責めたりしますお互いの間の境界線を自覚していない人は他人にストレスを与えて行きます

つまりやられ話だから苦手になるということですストレスがこの人苦手だと言う意識に発展するときには領域を侵害されたと言う事だけでなくそれを自分でうまくコントロールできないと言う要素が加わっています。

「対人関係療法」の精神科医が教える
出典 苦手な人との付き合いがラクになる方法  対人関係療法専門クリニック水島弘子院長

対人援助職である介護士にとって苦手なご利用者様または苦手なスタッフなど仕事でどうしても自分の苦手な人と付き合わなくてはいけない場面も出てくるかと思います。
かつての私もものすごくストレスを溜めやすく人間関係のストレスによって心身を崩壊したこともたくさんあります。(; ̄O ̄)

そこで苦手な人との接し方について学んでいきたいと思います。
そもそも苦手な人と接すると緊張したりイライラしたりするというストレスを抱えることをがあります。
ストレスになるだけなら良いですが苦手な人がいる場所には行きたくないと感じた事はありますよね。

あるいは苦手な行動を見るのが嫌で人付き合い全体を避けたくなることもあります。
苦手と言う気持ちはそれ自体がストレスになるだけではなく私たちを不自由にさせてしまいます。

苦手な人が1人いると言う事はそれだけの現象であるはずなのが、その人がいる場所全体を苦手にしてしまう位大きな力を持ってしまうことがあります。〣( ºΔº )〣

例えばみんなで飲みに行こうと言う話になったときその苦手な人が行くのかどうか聞いてから考えようかなと思うこともありますよね。
こういう時は飲みに行くかどうかを決めると言うことを苦手な人の存在によって制限されているといえます。

苦手な人がいるために本来やりたかったことができなくなる場合もあります。
たった1人の苦手な人の存在によってそれ以外のも面では問題のなかった職場を辞めざるをえなかったなどと言うこともあります。
苦手な人が自分からどのぐらい近い距離なのかどのぐらい逃れられない関係かと言うことも重要です。

苦手とするタイプの人が自分の上司になったなどと言う場合には本当に困ってしまいますよね。
そんな時人生そのものが苦手とでも言いたくなってしまいますよね。

人類で最も苦手な相手が自分の親などと言う人もいます。

では苦手意識はどうして生まれるのでしょうか?
あの人は苦手あの人のこんなところが苦手なと私たちはいろんな形で他人に対する苦手意識を持ちます。

苦手と言う気持ちはいつも「嫌みを言われる」「仕事を押し付けられてばかり」と言った
伴うものから「テンションが高くて苦手」「ファッションセンスが違う」と言う程度のもの何となく苦手

理屈ではなく苦手と理由が明確でないものまで実に多様です

酔っ払いを例にとって考えてみましょう。
酔っ払いはどこが苦手なのでしょうか?

しつこい。

相手に迷惑をかけているということがわかっていない。

酒臭い。
距離感が近すぎる。
こっちが迷惑そうにしていても気にしてくれない。

変な言いがかりをつけてくる。
話の筋が通らない。

こちらの話も理解してくれない。
すぐに決めつける。

理性的なやりとりができない。

言動がどこまでエスカレートするのかもわからない。
いつ切れるかもわからない。

ここに相手の苦手の要素がぎっしりと詰まっています。
それはコントロールできない感じがあるからです。

相手のしつこさをコントロールできない。
お酒臭さはどうしても臭ってきてしまうのでコントロールできない。

相手との距離間もコントロールできない。
迷惑そうな様子を見せても言動と行動をコントロールすることができない。
コミニケーションを常識や理性に基づいてコントロールすることもできない。

こちらがいくら噛み砕いて話しても相手に理解してもらえない。
つまり相手の理解をコントロールすることができない。
このコントロールできない感じが「苦手」と言う意識につながります。

「対人関係療法」の精神科医が教える
出典 苦手な人との付き合いがラクになる方法  対人関係療法専門クリニック水島弘子院長

それでは今日も楽しく豊かに過ごせる一日になりますように♪
愛と感謝を込めて。

【じょばんに】