ドライおからでお通じを改善できる14日間のダイエットレシピとは?

東山則之のサタデープラスでドライおからについて放送されていました。
お通じが良くなくて悩んでいるご高齢の方やダイエッターにも
ダイエットって管理人も万年ダイエッターになっていますが
ドライおからで美腸メニューを紹介されていました。
ニーチェ近藤さんが二週間でウエスト-6センチだそうです。

腸内環境を整えたい方、お通じに悩む方必見です。
基本的に施設などで食べる食事ってカロリーや塩分など計算されていて
健康にも気を使われていますよね。

ご高齢の方が好んで食べる食事も
割と食物繊維など多くとれるようになっています。
ドライおからで食物繊維をとって腸内環境を整えていけたらいいですね。

【ドライおからの作り方】




おから 100グラム
クッキングシートにしいて炒るだけで
パン粉みたいになるまで
ドライおからにします。

生のままだと悪くなりやすいのですが
ドライおからだと冷蔵庫で二週間もつそうです。

ごはんにドライおからを混ぜると
邪魔にもならずかさまし効果があるそうです。
そして満腹感が増すとのことです。

さらに食物繊維も取れるとのこと。

7日目でお肌がプルプルしてきたそうです。

ねばねばおから納豆
不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の
ダブルパンチで腸内環境を整えます。

オクラ、わかめなどを一緒に混ぜて食べる。

もう、調味料みたいになんにでも
ドライおからをかけていました。

2週間一般の方にも試してしていただいて
ほとんどのかたがお腹周りが-数センチ。

元木大介さんは冷やし中華にもかけたりしていました。
一部のスーパーではドライおからパウダーというのが売っているそうで
生のおからよりは割高なそうですが
お手軽でいいですよね。^^

二週間で体重3キロも落ちたそうです。

ほかにアイスクリームに入れていた人もいましたし
お味噌汁、スパゲティ、もうなんにでもかけています。
料理の邪魔をしないんだそうです。

健康に関することなら藁にでもすがるように
先日から大麦を食べたり運動をし始めたりと
色んな事をし始めましたが
相乗効果か、体調もだんだん良くなってきました。

今後とも是非取り入れて行きたいと思います。

ドライおからは
ビタミンB1、B2でイソフラボンの効果で美肌にもいいんだそうです。

そういえば施設でも70代にして
お肌つやつやの美白の美しい方がいらっしゃいましたが
実家がお豆腐屋さんで
小さいころからたくさん
おからとか食べていたそうです。

なるほど納得ですね。

健康で長生き。
永遠のテーマですよね。^^

なんだか今日はおからが売り切れるような気がしますW




このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントを残す