腸内フローラって何?悪玉菌を減らして善玉菌を増やす方法

腸内細菌、腸内フローラって何?
今腸内フローラが大ブームです。腸の健康を考える上で欠かせない
腸内フローラですがその実態はどのようなものなのでしょう。

腸内フローラは多種多様な細菌の生態系です。
私たちの腸の中には沢山の細菌が住み着いています。
その数は100種類約100兆個以上とも言われ重さにすると1.5キロほどにもなるそうです。
これらの腸内細菌たちは人間が食べた物を餌にしてお互いに助け合い競いあったりして生きています。
こうした多種多様の腸内細菌によって作り上げられた生態系のことを
様々な花が咲き誇るお花畑になぞらえ「腸内フローラ」と呼んでいます。

最近の研究で腸内フローラは肥満や老化、病気等と関係していることが






明らかになってきておりいかに私たちの生命にとって重要な役割を果たしているか
広く知られるようになってきました。

では腸内フローラについてももう少し詳しく見ていきましょう。
腸内フローラを構成する腸内細菌は大きく3つの種類に分けられます。

善玉菌と悪玉菌と日和見菌です。
善玉菌はヨーグルトでお馴染みの乳酸菌やビフィズス菌
などで悪玉菌が増えるのを抑えたり駅力を開けたりして
私たちの健康のために大活躍してくれる細菌です。

朝のぜん動運動を活発にさせるので善玉菌が優勢だとお通じが良くなります。

悪玉菌は大腸菌やウェルシュ菌等で悪玉菌が優勢になると
アンモニアや硫化水素など有害な物質を作り出し腸内環境を悪化させてしまいます。

日和見菌は善玉菌あるいは悪玉菌のどちらか多い方に味方します。

良好な腸内環境は善玉菌だけが存在すれば良いと言うわけではありません。
善玉菌が働くには悪玉菌が必要になるため体に悪影響を及ぼし、
細菌にもそれぞれ存在意味があるのです。

腸内環境を良好に保つためにとても大切なのは腸内細菌のバランスです。
健康な人の腸内細菌の割合は善玉菌2割悪玉菌1割日和見菌7割と言われています。
このバランスが崩れ悪玉菌が優勢になると腸内環境が悪くなり
今日の栄養吸収が滞ったり便秘になったりします。

腸内細菌のバランスを乱す原因は生活習慣にあり

腸内細菌のバランスの崩してしまうには暴飲暴食、運動不足、
ストレスといった生活習慣が大きく関係しています。
例えば肉ばかりの食事をしていると腸内では善玉菌対悪玉菌対日和見菌1対4対5に。

運動不足や間食が多いと、善玉菌、悪玉菌、日和見菌0.5対5対4.5のバランスになってしまいます。

このように悪玉菌が優勢になると朝の蠕動運動が弱まり便がたまりやすくなります。
するとそれを餌にさらに悪玉菌が増加すると言う悪循環に陥ります。

悪玉菌が作るアンモニアや硫化水素といった有害な物質は腸の病気や炎症の原因になるほか、
血液に乗って全身を巡るため体内の臓器にも影響を及ぼし
最悪の場合動脈硬化や糖尿病といった生活習慣病さらにはがんの原因になってしまいます。

ですから腸を健康にして健やかに暮らすには
善玉菌を優勢にして細菌のバランスをしっかり整えること、
つまり腸内フローラを乱さないことが大切なのです。

腸内環境が例えば快便になり肌の調子が良くなり
老化の原因となるシミやシワが改善されるなどアンチエイジング効果も期待できます。
さらに免疫力がアップすることで花粉症などのアレルギー症状が改善されやすくなります。

また幸せホルモンと呼ばれるセロトニン腸内分泌も盛んになります。
セロトニンによって精神的な安定を得られやすくすることからうつ病の改善も期待できます。

腸内環境整えるには何といっても善玉菌を優先に保つことが大切になります。




このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントを残す