病気にならない笑いの健康効果

笑うと健康になるメカニズム

笑いの健康効果が科学的にも証明されていますね。
よく笑う人は笑わない人に比べて認知機能の低下がすくないということがわかりました。

笑うことで脳が活性化しがん予防や認知症予防になります。
最近では「笑いヨガ」が注目されていますね。
「笑いヨガ」とは「笑いの体操」と「ヨガの呼吸法」を組み合わせた運動法です。

笑いが健康に良いことは、知られていますが
コミュニケーションの潤滑油としても、人間関係を豊かなものにしてくれます。
何より笑っていると、気分がよくなりますし、元気になりますよね。笑顔でいるだけで人からも愛されます。

運動する時間がない方、体力に自信がない方、一緒に笑う相手がいないという人でも笑えてしまいます。
運動効果で心身ともにリフレッシュでき、毎日が豊かなものに感じられると評判です。





ヨガマットやヨガウェアなど用意しなくても身軽な服装で気軽にできるのでお勧めです。

笑うことで免疫力が上がり健康になる

人は笑顔になると脳に興奮が伝わり脳の免疫をコントロールする器官を善玉の情報伝達物質が血液やリンパに流れ出しそれらががん細胞やウイルスを退治してくれます。
つまり笑うだけで免疫力がアップするというわけです。更に笑うことで脳が活性化するので認知症予防にもなるといわれています。
じつに作り笑いでも笑顔でない方より2歳寿命が長いというデータもアメリカの研究機関で明らかにされました。
作り笑いでも健康には効果があるのですね。

笑える環境をつくる

他人とのつながりがときに人を健康にする神経伝達物質を生み出すというのも
最近の研究でわかってきました。

友達が多いほど長生きするとも言われ
友達づくり健康法というのも注目されています。

社交的で笑顔でいられるほどストレスが減り幸福になれる
イエール大学のテレサ・シー万博士らによると友人とのコミュニケーションが多い人ほど早死にのリスクが少ないことが判明しました。
60代以上で月に5回以上友人と会ったり話したりする機会のある肩はそうでない方に比べて死亡率が17パーセントも低かったとされています。
他人とコミュニケーションをとると脳内でオキシトシンという神経伝達物質が作られ、幸せホルモンと呼ばれる物質が人間を幸せにさせストレスを減らす働きがあるというのです。

付き合う友人のコミュニテイは別々のコミニティに属しているほうが脳の刺激にはベストだとも言われています。

出典 宝島社 健康年齢を延ばす健康習慣より




このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントを残す