老人ホームへの入所はどう切り出しだしたら納得してもらえるか

介護する側にしてみるといずれは施設への入所を
親に進める局面に遭遇することもありますよね。家族からしてみれば大きなハードルかもしれません。
その時親にどう切り出し、納得のいく入所を勧めることができるのかについて考えてみたいと思います。
「姥捨て山に入れられる」という風に被害者意識と危機感を親は感じるものだと言います。
介護を受ける方にとっては一番安心できる場所はやはり自宅ですよね。

子供の方から「施設に入って」とはなかなか言い出しにくいものだと思います。
何より「介護が大変だからといって親を施設に預けて自分たちは自分たちの生活ばかり考えるのか」
と言葉に出さなくても少なからず思ってしまうようで、それが認知症であっても拒否されることもあります。

かえって敏感に感じ取る場合も多いかもしれません。
こじらせてしまう場合も多くあるようです。






介護施設入所を説得することの難しさは想像を超えるかもしれませんね。

まして親だからこそ嫌がるのを強引に老人ホームに入れるなんてなかなかできることではありません。
、このような入所は家族に罪悪感を与え、心の傷になりますよね。
できることなら説得し、本人がある程度納得したうえで入所できるに越したことはありません。

デイサービスやショートステイに入っていただき徐々に慣れていっていただいてそもそも介護施設はどんなところであるのか。
不安を取り除いていく必要もありますよね。

事件になった川崎市での老人ホームなど報道で怖い思いをされている方も多くいると思います。

もちろん自分の大切な親をそういう悪質な老人ホームに入所させたくはないでしょうから
老人ホームの質もとことん調べて安心できる施設を探すのが一番いいと思います。

デイサービスやショートステイを利用していただくという体験をして
徐々に慣れて抵抗感をなくしていくというのも必要ですよね。

その際気を付けなければならないことは、
家族の都合を押しつけないということです。

かといって「デイサービスに行きたくない」「じゃ、やめよう」では
話が進みません。

介護施設というところを時間をかけて粘り強く話をして、受け入れてもらうしかありません。

「この日は仕事があって面倒見られないから、デイサービスに行ってね」
「疲れているから、たまにはショートステイに行って楽をさせてね」
という家族のための介護サービスですがそのまま言ってしまうと
親は傷つきますよね。

これではまるで要介護者は家族に迷惑をかけている厄介者。
プライドが傷つけられ、拒絶してしまうわけです。
ますます意固地になってしまいます。

親が傷つかない介護施設入所の促し方の奥の手
主体はあくまで要介護者である親であることを心がけて語りかける。
「仕事の関係で、どうしてもこの日はお父さんのそばにいられないんだ。辛い思いをさせてごめんなさい」
「自分がいない時も、不自由な思いをさせたくない」

といったふうに。親を思いやる気持ちがある声掛けや語りかけがものすごく大切です。
結局は家族の都合なのですが施設に頼るのは、介護者本人のため、
という話の方向性と低姿勢を見せることで、ご本人の気持ちを和らげていくしかありません。

行った施設で嫌なことがあったようなら、どんなところが嫌だったのかを聞き「そういう問題があるところにはもう絶対行かせない。ケアマネさんにも、それを伝えておくよ」と気持ちに寄り添うようにする。そうした語りかけを根気よく続けることで、施設に対する抵抗感を少しずつなくして行っていくことが大切だそうです。

とはいえ、実際の在宅での介護現場は言い争いは当たり前、場合によっては虐待もある刺々しい空気が漂っているもので、なかなかこうした穏やかな語りかけはできないものですが、施設入所を納得してもらうには、こんな配慮も必要なのです。

老健(介護老人保健施設)への入所によって施設に慣れてもらうのもひとつの方法だと思います。

「老健は病院と介護施設の中間的施設。医師や看護師もいて医療処置が充実しています。リハビリなどを行い体の不調を改善して、自宅に戻ることを目的とした施設です。長期入所は難しいですが、“体を良くして自宅で暮らす”という前向きな方向性があるんです。要介護者はどこかしら不調がありますし、施設と違って病院なら入ることに抵抗感は少ない。“元気になって戻ってきて”と説得すれば入所を納得してもらえる可能性は出てくるでしょう。入所対象者は原則として65歳以上で要介護1以上(40~64歳でも特定疾病に認定された場合は入所可能)。老健も入所待ちはありますが、特別養護老人ホームと比べれば待機者は少ないので、利用を考えてもいいのではないでしょうか」

「医療の必要性」が施設入所の拒絶感を取り除くことにつながるというわけです。

同様に医療を通じた、もうひとつの奥の手があります。

かかりつけ医(主治医)に現在の状況を説明し施設入所を勧めてほしいと頼みます。
要介護者は家族の説得には応じなくても、いつも診てもらっている医師への信頼感はある。
第三者の力を借りるわけです。
その医師に言われれば納得もできますよね。
医師の協力もあるとものすごくいいですよね。

要介護者に納得してもらったうえで施設入所させることは
家族にとっ難しいことであることは確かです。
親が要介護になった時点で施設入所を視野に入れ、
本人との相談も含めて、根気よくその環境づくりをしておいた方がよさそうです。




このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントを残す