「福祉の国」フィンランド、高齢者の暮らしは日本とどこが違うの?

男女平等で福祉の国として名高いフィンランドですが
この国の高齢者の暮らしや介護はどうなっているんでしょうか。
フィンランド人男性と結婚後、現地に移住し2人の子供を育てるフリーライター
靴家さちこさんが紐解く、フィンランドの介護事情とは?
◆福祉の国では高齢者ケアも充実してる?
「フィンランドに住んでる」というと、「高齢者介護の福祉も充実しているの?」と聞かれることが多いんだそうです。
実際、フィンランドの高齢者政策は、1982年に国連で採択された国際行動計画に基づき、
高齢者の経済的自立、自己決定権、社会統合と公正の保障を配慮し、
可能な限り自立して暮らし、良質な福祉サービスが受けられることを目指しているそうなのです。

雨の日も、一人でも外出する自立したフィンランドの高齢者






1970年に既に「子の親に対する扶助義務」を廃止し、
男女ともに労働参加の継続が可能なフィンランドでは、
高齢者への年金給付などの所得保障は国が行い、
福祉サービスに関しては、地方自治体がその責任を負うそうです。
日本のように親の介護を理由に離職する人は珍しいとのこと。

フィンランドはその70年代から、
高齢者人口の比率において20年近く世界をリードしてきた。
2060年時点では、65歳以上の人口比率は28.2%に達すると言われています。

高齢先進国のフィンランドの高齢者は、どんな暮らしをしているのでしょうか。
介護者はどんな働きかたをしているのか。高齢者にも介護者にも優しい福祉とはどういうことなのでしょう?

日本とは考え方も全く違うところもあるでしょうし気になりますね。

義理の両親を介護した経験と、現在フィンランドで就業している日本人の「ラヒホイタヤ」(ホームヘルパー、保育士、歯科助手、フットケア、障害福祉士など10種類をまとめた「日常ケアに関する中卒レベル資格所持者」)の2人に聞いた実情の紹介されていました。

フィンランド人は親が老いても「同居はありえない」

私の夫の母は享年75歳、父は79歳で、それぞれ2008年と2011年に亡くなった。
2人は離婚しており、同じ町のアパートでそれぞれ一人暮らしをしていた。
義母は足腰が弱って歩行器を使っており、時折飲酒の量が過ぎるので、
週末に、やはり同じ町に住む夫と義姉が交代で部屋の掃除や話し相手をし、
日用品の買い物は別れても良き友だった義父が手伝っていた。

糖尿病のインシュリンの注射も自分でし、ほとんどラヒホイタヤの世話にはならなかったが、
ある日の明け方、床に倒れて亡くなっている姿が発見された。

近所に娘や息子がいながら、どちらも同居してあげなかったことに驚かれるかもしれない。
しかしフィンランドでは、「義理の親はもちろん、自分の親と住むのもありえない」
「親だって子どもと一緒じゃ嫌でしょう」と眉をしかめられてしまう。
フィンランドの高齢者とは、老いても自分の家に住み、身の回りのことを自力でしたい人達なのだ。

HuffPost Newsroom The Huffington Postより

日本と違うのかと言われると日本の高齢者も
本音を言えば子供に頼ることなく自立したいという気持ちはあるのではないかなと思います。
出来る限り自分のことは自分でしたいと思っている方も多いと思います。

ふと日本に置き換えて考えてみたら
フィンランドのように自分のことは自分でという風にしていたら
ご高齢者の寿命も縮まるでしょうし、火事なども頻繁に起こるでしょうし
長寿大国日本ではなくなってしまうのかもしれないと考えさせられました。

健康なまま長生き出来る国ならいいのになと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントを残す