有料老人ホームの入居金が捻出できない!どうする?


介護の出費を少しでも安くしたい!ケアプラン見直し例:その3
【本人の状態】
Cさんは東北出身です。
35歳で独立し町工場を経営していました。
70歳まで妻と細々やってきましたが脳梗塞になり構造を閉鎖しなければならなくなりました。
退院後は要介護2となり工場の2階の自宅で小柄な妻が介護してきました。

【本人と家族の経済状況】
Cさんは自営業で加入していたのは国民年金のみなので
現在は基礎年金と貯金に頼る質素な生活です。
長女夫婦が介護になっていますが経済的な援助は無理です。




長男と次男がいますが遠方で暮らしています。

認知症の症状が2年前から出始め、
半年前に外に出ようとしたところを妻に叱咤され、
かっとなり突き飛ばしてしまいました。
暴力を振るうような性格ではなかったのに妻は本当に驚き深刻な事態を理解しました。

その時妻は転倒して腰を骨折し入院回復が遅れています
今は老健に入所し要介護1の認定となっています。

【介護者さんの困った!】

要介護認定を受けて以来車で30分の隣市に住む長女夫婦が介護をしてきました。
介護サービスも使ってきましたが家族が食事介助などできる事はやり昼間1人にするのは心配なので通所介護は週5回利用していました。

しかし、石鹸の異食をしたり、尿失禁をしても分からない状態で
外出しても返って来られないことも度々になりました。

深夜にはベッドから転落していることもありました。
妻も同様要介護になったので家族では「これ以上の介護は無理」との結論になり
施設入所を申し込むことになりましたが特別養護老人ホームへの入所は80人待ちだと言われました。

有料老人ホームも考え長女夫婦は有料老人ホームのパンフレットを取り寄せましたが高額の入居金に驚きました。

兄弟で分けても負担できる金額ではありませんでした。

【本人と家族へのアドバイス】

ご本人は工場の油のにおいが残る自宅が落ち着くようですね。
認知症の方にとってもなじみのある場所を離れると症状が悪化することがあるので注意が必要です。

ただこのままでは家族で介護は難しいとの事ですね。

特養は80人待ちとの事で2、3年かかるのが一般的です。
優良老人ホームはすぐに入居が可能でも、多額の入居一時金が用意できない方は多いですね。
入居一時金がなく認知症でも受け入れてくれる
グループホームやサービス付き高齢者住宅で特養の空き待ちをされるでも増えています。

ただグループホームもサ高住もある程度の費用はかかりますから
それだけの出費をする位ならサービスを増やし在宅介護を続けるという方法も考えられます。

出典:介護費用を一円でも安くしたい時に読む本
[/illust_bubble]





このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントを残す