介護業界の人材不足をどう解決する?

介護業界の人材不足をどう解決する?

介護業界の人手不足が深刻すぎて一人に8社で人材を奪い合うといわれています。
2025年には37.7万人不足する介護人材です。

団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年ここからが超高齢化社会が始まります。




厚生労働省が出した「2025 年に向けた介護人材にかかる需給推計(確定値)について」
によると介護業界では37.7万人の人材が不足するといわれています。

いくら制度を充実させたり介護施設を増やしたりしても
介護は人がいなければ成り立ちません。

つまり、介護人材が不足するということは
い介護が必要な人が適切なケアを受けられなくなってしまうということ。

介護職の待遇改善など、人材を増やす取り組みはいくつかありますが、このまま人材不足は続いていくのでしょうか?なにかできる工夫はないのでしょうか?

◆外国人の受け入れは?

日本の技術を諸外国の若者に伝えることを目的とした外国人技能実習制度というものがあります。介護もその対象とする動きがあり、今年度中の施行が目指されています。
しかし、そもそも外国人技能実習制度は国際貢献を目的とした制度。
日本の介護人材の不足を補うことを目的としたものではありません。
そして、言葉の壁や賃金、受け入れ先での対応など、
解決しなければならない課題がいくつもあります。
実習生を受け入れることが人材不足の解消につながるのか?まだまだ万事解決とはいかなそうです。

言葉の壁と、生活習慣の壁もありそうですよね。

◆実は84万人もいる!?ニートの活用は?

では、国内の人材を生かす方法はどうでしょうか?
総務省統計局「労働力調査(詳細集計)」によると、15歳から39歳の無業者、いわゆるニートと呼ばれる人は、84万人もいます(平成21年現在)。この人たちが就労意欲をもち、介護の分野に関心を寄せてくれれば、人手不足の軽減が期待できるかもしれません。現在、全国に「若者キャリアステーション」が設置され、就労をサポートする取り組みがされています。もちろん、介護は誰にでもすぐにできる仕事というわけではないので、本人の努力や理解も肝心です。周囲のサポートと本人の努力が実った時、84万人のうち何人かは介護を救う人材となる可能性があります。

◆ロボットをうまく取り入れることは?

ここでいうロボットとは、介護リフトや離床センサーなど。ロボットにできることはロボットの力を借り、人にしかできないことは人が行うようにします。そうすることで、介護をする側の負担が軽減するだけでなく、介護者に対する申し訳ないという気持ちが和らいだり、自分でできることが広がったりと、介護される側にとってもメリットがあります。
また、介護の仕事をする人の離職理由として多いのが腰痛。介護者が装着するロボットスーツも誕生しています。これらの技術の普及により、離職率の低下が期待できるかもしれません。

要介護人口を増やさないこともひとつの手段

人材を増やすことに焦点をあててきましたが、介護を必要とする人を増やさないという手段もあります。健康寿命と平均寿命との差を縮めることができれば、要介護人口を減少させることが可能となります。

いまは健康寿命の延び率は平均寿命のそれよりもやや劣っています。
ですが、介護予防の浸透とそれに向き合うひとりひとりの姿勢次第では、10年後には嬉しい誤算が期待できるかもしれませんね。




親や、お世話になった先生や尊敬の念を抱いている先輩諸氏に関しては、
若い時・元気に活躍していた時のイメージのままのことも多いもの。
しばらく会わずにいて再会した時、見た目や振る舞い、言動の変化に戸惑い、
どうしていいのかわからなくなることもあります。

自分の親など身近な人に関しては、同じ話を何度もしたり、
家の中でつまずくといった変化が気になる瞬間も出てきます。
ですが、そういった些細な変化に気づいても、
見なかったこと・なかったことにしているかもしれません。

◆募る不安に追いつかない感情

理解したつもりでも、感情がついていかないこともあります。
見たくないものや心が否定したことは、
無意識に感情に沿うように解釈をして心の整理をしてしまいます。

親や尊敬する方について、【老いていく】という現実を受け入れられず、
できないことを病気や人間関係に結び付けて、無理に納得させているようなことはないでしょうか?

たしかにそれは、【いつか起こるかもしれないこと】なのかもしれません。
わかってはいるけれど、心のどこかで不安を覚えながらも、「今」ではないことを祈りつつ、
とりあえず何もなければいい、そして、できればその日は来ないでほしいと、
考えないように、見ないように過ごしているのかもしれません。

いざというときに…

でもそれは、いざという時の対処が遅れることになり、
「あの時、考えていれば、なんとかしていれば」
といった、後悔につながることになるかもしれません。

介護のほんねニュースより

83歳のハルさん(仮名)はこう言います。

「みんな一緒に年を取っているんだろうけど
昔はできたことなのに今はできなくなって

動きたいなあと思っても思うように動けないことも多くなって

年を取るということはこういうことなんだなあと
思うんだけども、

人の助けがなくっちゃ生きていけなくなってしまったことについて考えてしまう。
今もボケてるんだけどこれからもひどくなると思うと悲しくなるわね。
年を取るってこういうことなのね。

みんなはどう受け止めているのかしらね。」と。

静かに塗り絵をしながら言っていた。

こういう思いを介護する側関わる人は
受け止めることができるでしょうか?

寄り添うことができるでしょうか?




親や、お世話になった先生や尊敬の念を抱いている先輩諸氏に関しては、
若い時・元気に活躍していた時のイメージのままのことも多いもの。
しばらく会わずにいて再会した時、見た目や振る舞い、言動の変化に戸惑い、
どうしていいのかわからなくなることもあります。

自分の親など身近な人に関しては、同じ話を何度もしたり、
家の中でつまずくといった変化が気になる瞬間も出てきます。
ですが、そういった些細な変化に気づいても、
見なかったこと・なかったことにしているかもしれません。

◆募る不安に追いつかない感情

理解したつもりでも、感情がついていかないこともあります。
見たくないものや心が否定したことは、
無意識に感情に沿うように解釈をして心の整理をしてしまいます。

親や尊敬する方について、【老いていく】という現実を受け入れられず、
できないことを病気や人間関係に結び付けて、無理に納得させているようなことはないでしょうか?

たしかにそれは、【いつか起こるかもしれないこと】なのかもしれません。
わかってはいるけれど、心のどこかで不安を覚えながらも、「今」ではないことを祈りつつ、
とりあえず何もなければいい、そして、できればその日は来ないでほしいと、
考えないように、見ないように過ごしているのかもしれません。

いざというときに…

でもそれは、いざという時の対処が遅れることになり、
「あの時、考えていれば、なんとかしていれば」
といった、後悔につながることになるかもしれません。

介護のほんねニュースより

83歳のハルさん(仮名)はこう言います。

「みんな一緒に年を取っているんだろうけど
昔はできたことなのに今はできなくなって

動きたいなあと思っても思うように動けないことも多くなって

年を取るということはこういうことなんだなあと
思うんだけども、

人の助けがなくっちゃ生きていけなくなってしまったことについて考えてしまう。
今もボケてるんだけどこれからもひどくなると思うと悲しくなるわね。
年を取るってこういうことなのね。

みんなはどう受け止めているのかしらね。」と。

静かに塗り絵をしながら言っていた。

こういう思いを介護する側関わる人は
受け止めることができるでしょうか?

寄り添うことができるでしょうか?




このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントを残す