訪問介護にはどんなサービスがあるの?

【介護の気になるニュース・訪問介護とはどんなサービスを受けられるの?】

訪問介護とはどんなサービスを受けられるの?
朝日新聞デジタルより

0-79

0-80

◇自宅で受けられる介護保険サービスのメインは「訪問介護」

◇サービス内容と時間の長さで、料金が決まっている

◇1日の上限は90分未満。介護の専門職が担当する





ケアプランって何だろう?
転院、そしてケアマネと会った
 ケアマネジャー(ケアマネ)の加藤さんに、母の病室に来てもらった。

 「ケアプランの作成をお願いしたいんですが、母は自宅に戻りたいと言っています。自宅では、介護保険ではどんなサービスを受けられるんですか?」

 母も関心があるようで、目をぱっちりと開けて聞いている。

 「介護保険サービスによる訪問介護には、身体介護と生活援助、それに、通院などで車を乗り降りする際の介助があります。それぞれに料金が決まっていて、身体介護と生活援助は所要時間によって料金が異なります」

 加藤さんは落ち着いた口調で説明を始めた。

 「身体介護というのは、利用者ご本人の体に直接触れておこなうもので、生活援助は、身の回りのお世話をするものです」

 具体的には、食事や服薬の介助、着替えの手伝い、入浴の介助、洗顔や歯磨きの介助、トイレ介助、おむつ交換、寝たきりの人の体の向きを変える体位変換などが「身体介護」にあたる。

 一方、調理や食事の後片付け、掃除や洗濯といった家事の援助、日用品の買い物、ゴミ出し、薬の受け取りなどが「生活援助」になるという。

 ただし、利用者の家族のための家事や来客の対応といった、直接、利用者本人のためでないことは当てはまらない。また、草むしり、ペットの世話、大掃除、窓のガラス磨き、正月の準備など、日常生活の援助の範囲を超えた作業も対象外だ。

 身体介護の場合、20分未満で165単位、20分以上30分未満は245単位…と、細かく料金が決まっている。

 「単位? 何の単位ですか?」

 私は思わず聞き返した。

 加藤さんは話すスピードを落として、説明を続ける。

 「そうですよね。聞き慣れない言葉ですよね……。介護保険サービスで使うんです。1単位はだいたい10円と考えてください。細かくいうと、自治体によって違うんですけど」

 「自治体で違うんですか?」。ますますわからない。

 加藤さんの説明はこうだ。

 介護保険のサービス利用料は「単位」で表される。例えば、訪問介護の身体介護で20分未満の場合、利用料は165単位。多くの地域は「1単位=10円」で計算されるので、165単位は1650円。自己負担額は1割なので165円だ。ただし、人件費の高い都市部や往復に時間がかかる山間部では加算されるなど、地域によって1級地から7級地まで1単位あたりの単価が決められている。

 「1級地」の東京23区は「1単位=11・40円」なので、165単位は188円になる。

 訪問介護の料金は、追加加算についても細かく規定されているという。

 たとえば、2人に訪問介護をしてもらう場合は料金が2倍になる。早朝(午前6~午前8時)、夜間(午後6時~午後10時)に訪問してもらうと25%増、深夜(午後10時~翌日午前6時)だと50%増になる。

 「どんな人が来てくれるんですか?」と母がたずねた。

 「介護の専門職です」。加藤さんが説明する。

 訪問介護を担うのは、国家資格の介護福祉士(ケアワーカー)の資格を持っているか、「介護職員初任者研修」あるいは「介護職員等実務者研修」を終了した、ホームヘルパーと呼ばれる人たちだ。訪問介護員が、たんの吸引などの限られた医療行為を行うこともあるという。

 さらに母がたずねた。「まる1日、訪問介護をお願いすることもできるんですか?」

 「1日の利用上限は90分未満と決められているんです」。加藤さんが申し訳なさそうに答え、母は少しがっかりした表情を見せた。

 「実際には」と加藤さんは続けた。「ほかの介護サービスと組み合わせてご利用される方が多く、要介護度によって毎月の支給限度額が決まっているので、その範囲で組み合わせていくことになります。その計画が、ケアプランなんです」

 ほかの介護サービス? 母は何を利用できるの? ……まだまだわからないことが多い。

     ◇

 

訪問介護とはどんなサービスを受けられるの?
朝日新聞デジタルより

訪問介護1つをとっても何を利用できるのかまだまだわからないことが介護士でもあります。
訪問介護では生活介助や身体介助を9 0分以内とのことで老々介護などでご利用者様以外のご家族様の食事や掃除は対象外となっております。
利用者様だけのものとなっておりますが実際には誤解を招く場合も多くあるのでご家族様の方からご家族の生活介助の依頼がある場合もあるようですが、そこは対象外になってしまいます。
効率と言うものを考えれば無駄も多いものだなと思うものですが、ニーズは多様化してるんではないかと想像がつきます。




このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントを残す