介護保険適用にならない 自費サービスとは?

介護保険適用にならないサービス
自費サービスとは

0-06
例えば美容室への付き添いや旅行への動向等は介護保険の適用対象となりません。
しかし1部の人には非常に求められるサービスです。
このように提供しているサービスの周辺業務として介護事業所が希望者に1日で提供するサービスを自費サービスといいます。




訪問介護の自費サービス

訪問介護事業者が行う自費サービスとして版的なものに同居家族の部屋の掃除や、有料職業紹介所もう許認可をとっての家事代行業などがあります。
注意するべき点は訪問介護の許認可認可における人員基準でロケ中には配置義務があり常勤専従規定であるサービス提供責任者が継続反復して慈悲サービスを担当すると選手ではなく兼務となり役所から指導されます。
また家事代行業との類似サービスを優勝で提供する場合有料職業紹介者の許認可を受けないとできないことがあります。
通所介護の自費サービス
通所介護の自費サービスはお泊まりサービスや延長サービスそしてお試し利用などが一般的ですこれらは介護報酬料金の10割負担での提供が原則です。
このためケアプランの指定日以外に1回数千円の料金で介護保険の利用者と一緒にサービスを提供する場合に不当に値引きすると役所から指導受けるので注意が必要です。
またサービス提供時間中に甘党郵送で提供することが禁止されています。
自費サービスは介護保険の対象サービスとは全く別の事業です。
このため毎月の勤務表や実績票は介護保険事業とは別に作成する必要があります。
契約書関係、請求書、領収書等も介護保険サービスとは別に作成しなければなりません。

会計帳簿も別部門として介護サービスと分けて経理することが求められます。
またサービス提供に、専従規定のある職員にサービス担当させると兼務になり人員基準違反となります。

出典:これならわかる介護ビジネス



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントを残す