要介護認定基準時間って何ですか?

要介護認定基準時間とはなんですか?
要介護認定時間の算出について調べてみました。

介護保険では要介護度別に施設利用の有無や毎月保険で賄うことのできるサービス金額が決まります大第1次判定の基準になるのが要介護認定時間となります。

0-87



この時間の算定は次のように行います。
1.食事移動排泄などの直接生活介護時間

2.間接生活介助時間

3.問題行動関連介助時間

4.昨日訓練関連行為時間

5.医療関連行為間の合計に特別医療加算を加えた合計時間で算出します。
樹形図で要介護時間を算定します。
食事から医療関連行為までそれぞれの状態別に施設の1分間タイムスタディから算出した時間をついて時間と決めています訪問調査で身体状況をチェック基準モデルに当てはめて基準時間を算出します。
平成15年から要介護1が30分から32分になりました。

平成18年からは要介護1の人は基本的に要支援2とされるようになりました。
平成21年度再々変更
これらのデータも全て施設入所者のタイムスタディ調査だけで作られているために在宅介護との差異が出ています。平成25年度の改訂を介助の状態から見ると寝たきりの移動を自力にするなど訪問調査の判断基準が変更されました。




出典:介護保険の仕組み

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントを残す