親の介護。認定までの手続きと期間はどのぐらいかかるの?

介護認定までの手続きと期間について調べてみました。

介護保険を利用するために自分で申請をした場合、申請から31日以内に結果が出ます。
介護保険には有効期間がありまして6ヶ月から最長24ヶ月までの有効期間が介護保険証に記載されます。

0-13

期間が切れる60日前から更新申請の受付が行われます。
更新時には市町村からの更新の用紙が送付されるので申請時と同様に申請書を提出します。

申請した日から利用可能になります

介護保険では申請した日に遡って認定日が決まります。
そのため申請した日から必要最低限のサービスを利用することができます。

ところが予防になるかもしれないと言う方は事前対応が困難になります。
人間が予定より軽度の場合に多くのサービスを利用していると限度額を超えることがあります。

その場合は自費と言うことになります

緊急でやむを得ない事情で申請前にサービス利用した時にも市町村が必要と認めた場合には保険給付の対象になります。

介護認定をするのはどんな人なのでしょう。

介護認定はそんな任命する介護認定審査会メンバーが行います医療福祉の専門家で任期は1年間です。
介護認定審査会はこれらのメンバーの合意により要介護度を認定します。

訪問調査と医師の意見書からその内容を吟味して1時判定結果に関して意見交換を行い更新するか否かの認定調査を合議で出します。

認定のための訪問調査の認定審査会の申請内容に関して国は申請者の年齢や住宅環境や家族状況窓を審査で考慮しないよう、厳しくチェックをし要介護認定を抑制していきます。

介護支援事業者とは(居宅介護支援事業者)

介護保険で居宅サービスを希望する被保険者に対して要介護認定の状態区分に応じたサービスの給付内容や組み合わせなどサービス計画をケアマネジャーを中心に作成する機関で居宅介護サービス事業者との連絡調整を行います。

認定審査先で判断してはならない項目として具体的に指摘されている項目

1.年齢100歳だから無理だろう年齢を勘案してならない

2.長時間を要する
起き上がりに20分後位に40分かかっても、できる、できない、の判断をせよ

3.人気生の廃用の程度
これを判断の基準にしてはならないその結果から介護の手間がどのぐらい増えるかを判断する
4.施設入所在宅在宅環境
山の中で周辺に交番がない。島で店がないなどの環境にいるかで判断してはならない。

5.家族の有無
独居かどうかで判断してはいけない

6.抽象的な介護の必要性
具体的に何がどのぐらい手間がかかるのかを判断しなければならない

7.対象者の希望対象者の希望は勘案してはならない

8.現在受けているサービスの継続ができなくなるか否かで判断してはならないとしています。

出典:介護保険のしくみより。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントを残す