介護ロボット1000台投入でデータ解析

【3月19日】おはようございます♪
じょばんにです。今日も安全に楽しみながら過ごして参りましょう♪

【今日は何の日?3月19日】

・アカデミー賞設立記念日
1927(昭和2)年のこの日、アメリカで映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が設立されました。
第1回アカデミー賞は1927年8月1日から1928年7月31日までの1年間に航海された作品が対象とされ、ウィリアム・A・ウエルマン監督の「つばさ」が作品賞を受賞しました。

・ミュージックの日
音楽関係者の労働団体・日本音楽家ユニオンが1991(平成3)年に制定。
「ミュー(3)ジック(19)」の語呂合せ。
日本の音楽文化と音楽家の現状について広く理解を求め、その改善の為の支持を得ようと、全国各地でさまざまな活動が行われます。

・カメラ撮影の日
1839年、フランスのルイ・マンデ・ダゲールが写真機を発明しました。
この写真機は「ダケレオタイプ」と呼ばれ、長時間露光させるため写真機の前で長い間じっとしていなければなりませんでしたが、大変な人気を集めました。

【3月19日主な出来事】
1644年 大明帝国滅亡
1839年 世界初の実用的カメラ「ダゲレオタイプ」発表
1914年 辰野金吾設計の東京駅新築落成
1915年 冥王星の撮影に成功
1927年 米・アカデミー賞設立
1949年 東京定期観光「はとバス」運行開始
1956年 旭通信社(現・ADK)設立
1956年 日本住宅公団が募集開始
1962年 アルジェリア独立戦争停戦
1972年 インドとバングラデシュ、友好条約に調印
1973年 小松左京『日本沈没』発刊
1990年 日本初の月周回衛星「はごろも」の分離とスイングバイに成功
1997年 ナゴヤドーム開業
1998年 大蔵官僚汚職事件のノーパンしゃぶしゃぶ店摘発
2002年 米・アフガニスタンに侵攻
2008年 アーサー・C・クラーク(SF作家)、没(享年91歳)

今日は何の日NEVERまとめより

【明日の準備・明日は何の日?3月20日】

・電卓の日

日本事務機械工業会(現 JBMIA)が、1974(昭和49)年のこの日に日本の電卓生産数が世界一になったことを記念して制定しました。
1973年、シャープが発売した世界初の液晶表示電卓「エルシーメイト」の量産化が大きく貢献しました。

・上野動物園開園記念日
1882(明治15)年、日本初の近代動物園として、上野動物園が上野公園内に開園しました。

・東京国立博物館開館記念日
1882(明治15)年、上野動物園と同時に、上野公園内の上野寛永寺跡に東京国立博物館(東博)が開館しました。

・春分の日
国民の祝日の一つで、昼夜の長さがほぼ等しい日です。
これから日が一番長い夏至に向けて、毎日1分5秒づつ日が長くなり、そしてまた毎日1分5秒ずつ日が短くなって、昼夜の長さがほぼ等しい秋分になります。

暑さ寒さも彼岸までといいますが。
まだ寒い日もあるかと思いますけれども今日からは夏に向かって体調管理など気を付けて行きたいですね♪

【介護の気になる話題・介護ロボット1000台投入でデータ解析】

賛否両論だとは思いますが^^;

動物や子どもの姿で癒やしてくれるロボットは、科学的にどれくらいの効果があるのか−−。こんな大規模調査に来年度、日本医療研究開発機構(AMED)が乗り出す。全国の介護現場で計1000台程度のロボットを高齢者に使ってもらい、効果を数値化して今後の開発に役立ててもらう計画だ。

 アザラシ型ロボット「パロ」など、触ると声を出したり、簡単なあいさつができたりする「コミュニケーションロボット」は、既に広く介護現場などで活用され「高齢者に笑顔が増えた」といったプラスの効果が報告されている。だが、ロボットのどの機能がどんな影響をもたらしているのかを客観的に比較できるデータはほとんどなかった。

 そこでAMEDはメーカーから調査に使ってほしいロボット20〜30種類を公募し、全国の20〜30施設で実際に使ってもらうことにした。施設利用者本人の同意を得た上で24時間カメラで観察し、マイナス面も含めて行動や生活の質がどう変化したかのデータ解析をする。こうした規模、手法の調査は前例がないという。

 予算はロボット購入費を含めて6億円。AMEDの森田弘一産学連携部長は「介護現場で求められる機能や使い方を明らかにし、社会に有用な機器としてコミュニケーションロボット産業を伸ばしたい」と話す。【大場あい】

毎日新聞より

それでは今日も楽しく豊かに過ごせる一日になりますように♪
愛と感謝を込めて。

【じょばんに】

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントを残す