介護職員のための今日は何の日カレンダー

【3月11日】おはようございます♪
じょばんにです。今日も楽しみながら安全に参りましょう♪

東日本大震災からもう5年になるんですね。
被災された方に心よりご冥福をお祈り申し上げます。

【今日のレク・色分け輪ひろい】

レクレーションの材料作りから楽しんで頂けそうな気がします。^^

【今日は何の日?3月11日】
・いのちの日
2011年(平成23年)3月11日に東日本大震災が発生し、多くの命が失われた。命の尊さを思い、命の大切さを考え、震災で学んだことを風化させることなく災害に備えようと「災害時医療を考える会(Team Esteem)」が制定。災害時医療の改善を図るとともに、9月1日に防災訓練が行われるように、3月11日には健康、医療、災害時の体制などを考える機会を設けたいとの思いが込められている。

・東北地方太平洋沖地震が発生した日
2011年3月11日14時46分、日本の太平洋三陸沖を震源として発生した地震である。東日本大震災を引き起こし、東北から関東にかけての東日本一帯に甚大な被害をもたらした。

【小ネタ】

・東日本大震災
3月11日金曜日午後2時46分頃、マグニチュード9.0という世界観測史上最大級の地震が東北地方太平洋沖で発生し、14日正午現在、警視庁の報告では東北と関東の12都県警が検視などで確認した死者数は1647人。家族や知人から申告のあった行方不明者は1720人。重軽傷者は16都道県で計1990人に上りました(産経新聞より)。

テレビやラジオをつけると続々と想像を絶するような被害状況が各地から報道されていますが、今回の震災ではそれよりも大分早くFacebookやTwitterというソーシャルメディアからある程度正確かつ必要な情報を得られることを実感された方も少なくないのではないでしょうか。

140文字のミニブログと言われて久しいTwitter(ツイッター)では、関心のあるキーワードに#(ハッシュタグ)をつけることで検索しやすくする機能がありますが、地震発生後、“prayforjapan”(日本のために祈ろう)というハッシュタグが生まれ、地震発生直後から現在まで、1分間に100件近いメッセージが英語、フランス語、スペイン語、韓国語、アラビア語など様々な言語で途切れることなく寄せられ、同時に写真アプリInstagram(インスタグラム)を通じて”日本のために祈る”画像が数多く投稿されています。

自動車免許合宿先の栃木県那須にいた慶応義塾大学SFC2年生でWebデザイナーでもある鶴田浩之さん(20歳)は、停電と断水で何も情報が入ってこない中、“なんとかイーモバイルでインターネットに接続し”、震災の惨状と世界中の支援の声を知りました。

exciteニュースより

【3月11日主な出来事】

0700年 道昭和尚、我が国初の火葬
1860年 冒険小説『十五少年漂流記』で十五少年が無人島に漂着
・1876年 グラハム・ベルが電話による会話に成功
1917年 日本工業倶楽部設立
1922年 平和記念東京博覧会、上野で開催
1945年 東京大空襲
1959年 チベット蜂起
1965年 気象庁、富士山頂での観測開始
1974年 ルバング島で小野田寛郎少尉を救出
1975年 山陽新幹線岡山―博多間開通
1980年 都市銀行6行がオンライン提携開始
1985年 世界最長約54Kmの青函トンネル本抗が貫通
1997年 大阪ドームオープン
2009年 道頓堀川で24年ぶりにカーネル・サンダース像を発見
-241年 ローマがカルタゴの艦隊を破り、第一次ポエニ戦争が終結

今日は何の日NEVERまとめより

【明日の準備・明日は何の日?3月12日】

・財布の日
3月12日の「312」が「さいふ」と読めることから

・スイーツの日
「ス(3)イ(1)ーツ(2)」の語呂合せ。
スイーツのお取寄せサイト「スーパースイーツ」が2008(平成20)年に制定。

味覚も年齢とともに変わってきて段々甘いものが食べたくなったりしてきますよね^^

・モスの日
モスバーガーのモスフードサービスが制定。
1972(昭和47)年、東武東上線成増駅前に初めてモスバーガーの実験店がオープンしました。^^

【3/12主な出来事】

1876年 土曜半休、日曜休日制を公官庁で実施
1894年 瓶詰コカ・コーラの販売開始
1912年 ガールスカウト創立
1912年 ジャパン・ツーリスト・ビューロー(現JTB)創業
1925年 孫文(辛亥革命の指導者)、没(享年59歳)
1945年 アンネ・フランク(『アンネの日記』)、没(享年16歳)
1968年 モーリシャスが英国から独立
1972年 モスバーガーの第一号実験店開店
1974年 小野田寛郎がフィリピン・ルバング島から30年ぶりに帰還
2001年 アフガニスタン・バーミヤーンの巨大石仏がタリバンにより破壊

【今日のトピックス・ご高齢者とスムーズな関係を築く言葉】

人生の先輩であるご高齢者のご利用者様にとっては
介護職員は孫みたいな存在であったり、息子娘のような存在になることも多くあると思います^^
そこで、失礼にならない言葉の使い方をマスターできれば角を立てずにスムーズに事が運ぶことも多くあると思います。^^
言葉の一つ一つに敬意が込められていれば礼節をわきまえたオトナの関係を築く事が出来ていくと思います^^

・「手短に申し上げます」

ご利用者の貴重な時間をいただいて話を聞いて頂くのでで、用件の説明は手短にするのが常識と言えば常識ですよね^^
話を手短にするにはまず結論から話して理由、説明はその後に簡潔に言うことや、頭のなかで
箇条書きのメモをしておくくらいの心の構えがあったらいいと思います^^

・「勝手ながらな◯◯いたしました」事後報告が必要になる時も多々あると思います。^^
「勝手ながら〇〇にいたしました」と明るく言ってしまいましょう^^

・「私の記憶違いかもしれませんが」
相手の勘違いや間違いを指摘する時いきなりそれは違うと言って話にもならなないのでまずワンクッション。^^
私の記憶違いかもしれませんがと丁寧に話したいですよね^^

・「間違ってたらごめんなさい」

自分の記憶が曖昧だったりあやふやな時使う言葉ではなく
相手の気持ちを傷つけたり機嫌損ねたり気まずくならないための基本用語ですね^^

・「失礼だとは思いましたが」
お節介焼きになったり相手を傷つける場合もあるので、目上の人に対しては良かれと思ってした行為でも「失礼かと思いましたが」
とか「出過ぎた真似をしてしまいました」がとか一言あるとスムーズですよね^^

以上、ご高齢者とスムーズな関係を築く言葉でした。

それでは今日も楽しく豊かに過ごせる一日になりますように♪
愛と感謝を込めて。

【じょばんに】

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントを残す