高齢者住宅ってどんなものがあるの?

こんにちはじょばんにです。
高齢者住宅ってどんなものがあるの?
ふと疑問に思ったので調べてみました。

民間事業の高齢者住宅にはサービス付き高齢者住宅と有料老人ホームがあります。

・介護付き有料老人ホームとは

介護保険のサービスのひとつである「特定入居者生活介護」の通称で自身で介護サービスを提供する一般型と外部の介護サービスを利用する外部サービス利用型に分かれます。現時点では裁量規制がおこなわれ殆どの地域で許認可が下りにくくなっています。

※裁量規制というのは高齢者施設を新規事業者が立ち上げすぎると
経営悪化による施設の運営中止→施設の売却か入居者を他の所に移す必要が出てくる
自治体が負担しなければいけない介護報酬(介護保険利用があった施設への支払い)が増えるということがあり制限し始めたということです。

・有料老人ホーム

特定入居者生活介護の許認可が厳しくなってしまったため現在は民間事業として有料老人ホームが整備されております。
種類ですが外部の介護サービスの事業所を使う住宅型、要介護状態になった場合には退去が条件としている健常型が存在します。

一般の賃貸マンションやアパートでも有料老人ホームの基準に該当する場合は都道府県へ届け出の義務があります。

・軽費老人ホーム、ケアハウス
軽費老人ホームは軽費または無料で利用できる老人ホームです。
種類はA型→お風呂と食堂があり食事の提供や七条生活に必要なサービスを受けられるタイプと
B型→食事の提供がなく、自炊をする施設で日常生活は自分で行う。

ケアハウスはお風呂と食堂があり、居宅として個室に住むタイプと三種類あります。

A型には所得制限がありますが
B型には所得制限がありません。

それでは今日も楽しく豊かに過ごせる一日になりますように♪
愛と感謝を込めて。

【じょばんに】

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントを残す