介護施設の人間関係について。

 

おはようございます。現場第一介護の仕事を始めて5年目。ヽ(・∀・)ノ

今年何とかギリギリ介護福祉士を取得いたしました。管理人のjyobaniと申します。ヽ(・∀・)ノ

まあ。中堅ですね。wヽ(・∀・)ノどうぞよろしくお願い致します。w

 

後輩からの相談です。w

社内の人間関係についてですが。w

 

 

「申し送りが抜けているから状況がつかめない」

まあ。介護の仕事はぶっちゃけチームケアなので。

「申し送り」は重要なんですけれども。

 

 

「言った」「言わない」と必ずなりますので

連絡ノートなり申し送りノートなり活用するのが鉄則です。

 

 

とある施設にヘルプに行きました。

人員が安定せず。

 

入れ替わり立ち替わり現在に至るそうで。w

連絡ノートの最後の日付が三ヶ月前wとか。

 

 

離職率の多い施設は特徴があります。w

方ぼうヘルプ、異動になったため

誰よりも施設のパワーバランスについて考えさせられることしばしあり。w

 

 

古株がほぼ実権を握っています。

 

介護の施設は毎年増加傾向にありますが。

開設当初からいる古株の職員は

井の中の蛙になってしまっていて

大抵自分がいちばん正しいと思っていますので

 

自分に合わせるような指示をしてきます。w

 

 

持ち前の勘の良さも手伝ってくれ。

施設に入った瞬間にここの施設はどんな施設なのか

瞬時に判断ができます。ρ(・ω・、)ヤレヤレw

 

 

掃除が行き届いていない。

整理整頓ができていない。

ご利用者様の表情が乏しい。

 

覇気がない。

スタッフも覇気がない。

 

もう、wぐだぐだの施設ですw。

 

 

で、相談のハナシに戻りますが。

 

後輩A「あの、ワタシ何をやっていいのかわかんないんですよ」

自分「は?」

 

 

後輩A「教えてくれる先輩が皆それぞれ言うこと違うんですよ。でもって言ったでしょとかっつんで聴いてないよと思う事がしばしあり、聴きたいなーとか思ってももういないんですよ。どっかに言っちゃっててw」

 

自分「あーー。あるね。介護あるある。w。

あと喋ってるとか。で割り込むと悪いとか。w」

 

後輩A「そうなんですよ。」(´・ω・`)ショボーン

自分「申し送りノートに自分が聴きたいことをまとめて指示を仰ぐってどう?」

「そうしたら統一性が無いのが一目瞭然だよね。あーー新しく入社してきたヒトってこんなことで悩むんだ。  自分も新人の頃もそうだったっけなーーーとか思い出したり。書いてあるんだから上司にコレで!という指示が出たらその通りやってみて不具合が出たらまた相談してみる感じかなあ。」

後輩A「そっか!そういう使い方すればいんですね」

 

自分「んだんだ。申し送りなり連絡ノートに書いてあることは結構重要だったりするし。利用者さんに関わる大事な事だったりするじゃん。書いてあれば立派な証拠になるから是非是非書いて言ったほうがいいよ。

 

後輩A「そうなんですね。ありがとうございます!やってみます!」

 

 

 

とのことで。

介護の職場の人間関係はものすごく大事なんですが。

 

先輩が間違った情報をそのままやってたりすることが

多々ありますんで。この先輩がこういったこの先輩がこういった

どうしよう~~~~ってなってたら間違いなくチームケアの構築が出来ていないということにな

ります。

 

 

そこを改善していかなければベストなケアをしていくことが出来ません。

残念ですがw

 

 

 

 

チームケアが何より重要です。

 

 

 

 

では今日も1日張り切って参りましょう。素晴らしく楽しい一日になりますように♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントを残す